雇用

名刺交換のタイミングは新入社員研修などでは決して掴めないことがわかると思う。

私は、最近先輩の同行で得意先を訪問する機会が増えてきた。

初めて訪問したときに欠かせないのが名刺交換なのだが、私は少々名刺を出すタイミングに戸惑っている。

先方から出してくれればすんなりと名刺交換できるのだが、先輩はすでに顔なじみであり、加えて少しばかりのいたずら心のある人で、まともに紹介してくれないのである。

まさに、自分で何とかしろって言う状態なのだ。
元来引っ込み思案の私は、タイミングをうかがっているうちに逃してしまう傾向が強く、紹介されないケースでは、3回に1回しか名刺を差し出すことができない。

なお、プライベートの名刺なら、簡単に渡せると思うので、会社が準備したものと自分で用意したものを二枚渡すことにしようと思う。
個人用はプライベートではなく、いち営業マンとしてのアピール材料にするつもり。

もちろん取扱い品目や会社のPRに繋がればいいと思うし、最終的には人との付き合いになるのだから、会社側も文句は無いはずだ。
年功序列賃金が去年で廃止、そして能力・成果主義になったから工夫しないとね。

ホームページの翻訳料金
ホームページを指定の外国語に翻訳する作業料金の見積もりはコチラ
www.web-honyaku.net/

良質トイプードル入荷
滅多に見かけない良質なトイプードルをリーズナブルな価格でお手元に
www.poos-house.com/
関連:www.avantmobile.net

木製の表札見積もり
今では珍しい木製の表札を専門に製作している会社の販売サイト
www.hyousatsu.co.jp/

«
»